お家で簡単!【免疫力アップ】ストレッチ

お家で簡単!【免疫力アップ】ストレッチ


体温は一度下がると
免疫力は30%~40%低下する
と言われています。

だから、カラダの中から暖め
血流促進をすることが大切!

お風呂にゆっくりつかるのも良いですが、
運動をすることで自ら熱を発生させて
体温を上げることもおすすめです。

今回は、運動指導の専門家として
お家で簡単にできる

【免疫力アップ】ストレッチを
ご紹介します。

《もくじ》
1.免疫力アップの3つのポイント
2.背骨のストレッチで免疫力アップ!
3.血流促進のカギは「ふくらはぎ」

免疫力アップの3つのポイント


運動で免疫力をアップするポイントは、
次の3つ!

ーーーーーーーーーーーーーーー
①肩関節をしっかり動かす
②背骨の柔軟性を高める
③足首をしっかり動かす
ーーーーーーーーーーーーーーー

①については、
前回のコラムでお伝えしている
褐色脂肪細胞との関係です。

この細胞には、カラダに蓄えたエネルギーを
熱に変える働きがあります。

よって、瘦せるだけでなく
カラダも暖まります。

褐色脂肪細胞は、
肩関節周辺に分布していますので、

肩関節をしっかり動かすことは、

▶カラダが暖まる
▶血流促進される
▶免疫力が向上する

更に、
代謝アップもするのですから
やらなきゃ損!!

詳しくしは、↓のリンクからご確認ください。

背骨のストレッチで免疫力アップ!


今度は②
『背骨の柔軟性を高める』お話です。

自律神経は、
人が健やかに生きるために
欠かすことができません!

前章でお話した、
褐色脂肪細胞の働きを促進するためにも
自律神経の働きは大切です。

ガチガチの硬い背骨では
自律神経の働きを妨げてしまいます。

背骨の柔軟性を高めることは、
自律神経を整えることに繋がります。

自律神経を整えるストレッチも
以前にご紹介していますので、
↓のリンクからご確認ください。

血流促進のカギは「ふくらはぎ」


最後に③
『足首をしっかり動かす』お話です。

ここでは、足首を動かす時に
動く部位「ふくらはぎ」にフォーカスします。

「ふくらはぎ」は立っていても、座っていても、
カラダの下に位置する。

足元から心臓へ、
効率よく血液を巡らすために

ふくらはぎの筋肉は、
ポンプのような役割をしています。

そのため、「第二の心臓」と言われるほど!

足首を動かすこと。。。。の前に、
足首がしっかり動くか?
も、大切なポイントになります。

足首がしっかり動かせるケアは、
↓のリンクからご確認ください。(脚瘦せにも効果的です)


そして更に今回は、
カラダの冷えを解消して

より効果的に
免疫力をアップさせるストレッチも、
このコラムの最後にで紹介しています。


本日もあなたに
Health & Happinessを~♪

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一緒に健康で綺麗になりませんか?

☑自分のカラダのこと知りたい!
☑不調改善して綺麗になりたい!

☑運動がに苦手だけど瘦せたい!

そんな方に
スタジオエスの公式ラインはおすすめ!!

『他では聞けない、
健康&綺麗をつくるカラダの情報

を月2回のペースで
おすすめ動画と共に配信しています。

今すぐ登録↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ストレッチコラムに関連する記事

【首こり・肩こり】ストレッチで効率よく改善するポイントとは?

【首こり・肩こり】ストレッチで効率よく改善するポイントとは?の画像

【首こり・肩こり】ストレッチで効率よく改善するポイントとは?


コラムをご覧いただきありがとうございます。

自律神経を
自分で整えるには、

コツコツと
カラダを動かすこと。

そして、
あまり知られていないことですが、

効率よく効果的に
それを解決するには、

脳脊髄液の流れの...

《内もも瘦せ》股関節の柔軟性もアップするストレッチ

《内もも瘦せ》股関節の柔軟性もアップするストレッチの画像

《内もも瘦せ》股関節の柔軟性もアップするストレッチ


内ももが瘦せない本当の原因は、
骨格にあります。

内転筋を鍛えても、
お尻の筋肉をほぐしても、

効果が感じられない。。。


そんな方の多くは、

筋肉の土台となっている
骨格に問題を抱えています。

今回の内容は、...

寝たままできる!腰痛改善ストレッチ

寝たままできる!腰痛改善ストレッチの画像

寝たままできる!腰痛改善ストレッチ


腰が痛いと、
中々運動する気にもなれない。。。

そんなことは、ありませんか?

今回は、
寝る前にベッドの上でもできる。

簡単!寝ながら《腰痛ストレッチ》をご紹介します。
《もくじ》
1.なぜ...