【寝る前におすすめ】熟睡&目の疲れを取るストレッチ

「朝、起きるのがつらい」
「カラダがだるくてスッキリ起きられない」
「寝ても寝てもカラダがだるい」

その原因は、
眼精疲労にあるかも?!

今回は、
熟睡のために
眼精疲労を取ることがなぜ必要か?
そして、目の疲れを癒す
目のストレッチをご紹介します。

《もくじ》
1.寝起きすっきりは、【量】よ【質】が大切!
2.寝起きが変わる!目覚めを良くする3つのポイント
3.寝る前にコレ!疲労回復ストレッチ

寝起きすっきりは【量】より【質】が大切

ご覧いただきありがとうございます。

『骨格を整え不調を改善、いつまでも綺麗なカラダへ』
Studio S  
パーソナルトレーナー曽根田忍です。

なぜ、朝すっきり起きられないのか?

それは、睡眠の質に左右されます。
睡眠の質を左右するのは、この2つ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
①レム睡眠とノンレム睡眠が
  スムーズに行われること

②自律神経の中の副交感神経が

  有意な状態になること
ーーーーーーーーーーーーーーー

が大切だと言われています。

レム睡眠とノンレム睡眠は、
眼球の動きがともなって行われます。

そして、
自律神経は背骨との関係性が大切です。

私たち現代人は
デスクワークが非常に多い


パソコンやスマホで
目はずっと画面を見たまま

一日の大半を座りっぱなし
カラダも目の固定したまま

これでは、
眼球もカラダも
柔軟に動くはずがありません


寝起きが変わる!目覚めを良くする3つのポイント


寝起きが変わる!
目覚めを良くする方法は、次の3つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①座りっぱなしで固まったカラダをリセット
②眼球を支える筋肉も柔軟に
③胸郭の柔軟性をよみがえらせる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、これらを
寝る前にケアすることがポイント!

これらが必要な理由は、
次の通りです。


▶①はカラダ全体の血行促進と背骨が柔軟回復
 自律神経の機能向上もねらい
▶眼球にある筋肉の柔軟性は、
 レム睡眠とノンレム睡眠をスムーズにします
▶胸郭は、呼吸と自律神経に対するアプローチ


無意識で行っている呼吸ですが、
睡眠の悩みを抱える方の多くは、

呼吸が浅くなっているため
酸素や栄養が全身に回ってない方が
多いようです。

寝る前にコレ!疲労回復ストレッチ


胸郭ストレッチは、
以前に配信したものがありますので、
下のリンクからご確認ください。

座りっぱなしで固まったカラダをリセット
するストレッチはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓

毎日どれか1つを行って寝る。。。
自分のコンディションに合わせて選んでみてくださいね。

目のセルフケアも下のリンクから
ご覧ください。


では、本日も皆さまにHealth & Happinessを~♪
最後まで読んで頂きありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もう自分のカラダのことで悩まない!

公式ラインでは月2回
『美と健康』に役立つ隙間時間でカラダを変える!!

骨格調整ヨガやセルフケア動画を配信しています。

◇骨格改善で不調ゼロ!お悩み別メニュー
◇呼吸と骨格から綺麗!部分瘦せメニュー
◇お得なキャンペーンやイベント情報など

下記をクリックで公式ライン登録いただけます☟

ストレッチコラムに関連する記事

【骨盤矯正ストレッチ】頑固な腰痛・ヒップアップに!

【骨盤矯正ストレッチ】頑固な腰痛・ヒップアップに!の画像

【骨盤矯正ストレッチ】頑固な腰痛・ヒップアップに!

「腰が痛い」「お尻がたれる」は年齢のせいではありません!
その原因の多くは骨盤の歪みにあります!!

気がつけば、
あちこち痛い。。
疲れがとれない。。。

何てこと、ありませんか?

運動は何よりの健康法であ...

いつまでも健康で美しく!猫背改善ストレッチ

いつまでも健康で美しく!猫背改善ストレッチの画像

いつまでも健康で美しく!猫背改善ストレッチ

若く見える人は、姿勢がすごい!

実年齢より若く見える
何だかキラキラ輝いて見える。

そんな人の特徴として
姿勢がいい!

ことがあげられると思います。

☑背筋がシャキっと伸びてみえる
☑歩き方が綺麗
☑歩く速度...

自律神経も整う 首・肩こりストレッチ

自律神経も整う 首・肩こりストレッチの画像

自律神経も整う 首・肩こりストレッチ

その肩こりは、自律神経の乱れかも?ご覧いただきありがとうございます。
Studio S 国立 パーソナルトレーナーのしのぶ です。


今回のテーマは、首こり・肩こり。

そして特に
□気候...